お店のサービス内容や従業員の接客態度などは、あっという間に広がってしまいます。
それがインターネットに備わる便利さの裏返しです。
場合によっては、致命的な結末が待っているかもしれません。
そうならないためには、日頃の人付き合いは慎重に行う必要があります。
たとえば、接客業のなかには、居酒屋をはじめとする飲食業も含まれます。
居酒屋では、お酒を提供することから、いろいろな人を相手にできるスキルが必要です。
お得意様といっても安心できません。
もし、そのときの接客が悪いと離れていくことを知っておきましょう。
想定外の場面に遭遇したときは、従業員の対応はもちろんのこと、その背景にある経営者の人柄が大事な鍵を握ります。
従業員が対応しきれない場合は、経営者自らが対応することが大切です。
目の前にいる「ひとり」をどれだけ大切にできるか、そして、そのための「器」を持っているかどうかは、経営者の手腕が問われるところですよね。
目先の利益だけにこだわらず、的確な判断ができるようになりたいものです。
また、そういった根底には「人と人とのつながり」があるのではないでしょうか。
もちろん、お客様だけでなく、従業員とのつながりも大事な要素です。