DVD作成後の寿命とは?

皆さんの貴重なデータを保管するために、DVD作成しておられる方も少なくないでしょう。
DVDに保存すると、寿命がかなり長いと考えられていたものの、実は想像よりも寿命が短いのではないかということが分かってきました。
現在、多くの方がDVDに作成を行なって、これまでに撮影した画像や動画というものを保管しています。
数G単位のデータを保存できるため、DVDは非常に有効な方法であり、これがないとデータ保管すらままならないということもあるでしょう。
もともとDVDやCDの寿命は100年ほどなのではないかと言われていたので、ほぼ永久に使えるのではないかと考えられていました。
しかし近年、DVDなどの寿命が実は100年もないのではないかという話が出てきています。
しかし、注意していただきたいのは、DVDディスクは、メーカーやランクによって質が大きく異なっています。
安いディスクもあれば、高級なDVDディスクメディアもあります。
こうした値段の差によって、寿命はかなり影響を受けることになるでしょう。
質の高いものであれば、さすがに100年は持たないとしても、数十年は保管することができるでしょう。
しかし質の悪いものであれば、10年ほどで問題が出てくる可能性は否定できません。