個性心理学が流行中?!

最近「自分や他人の個性を知る心理学」が注目されているそうです。
この心理学を「個性心理学」または「ISD個性心理学」と呼ばれているそうですが、簡単に説明すると生年月日から統計学的に個性(性格や能力など)を分析分類していくロジックの心理学のようです。
例えば「何月何日生まれの人はこういう個性の人が多い」など行動パターンやその人の個性・特性を見ていきます。
大昔に流行った「動物占い」をご存知でしょうか?
今はネットでも無料の動物占いがたくさんあるので見ていただけるとわかりますが、生年月日を入力すると数種類の動物にあてはめられる結果が出てきます。
あてはめられた動物により個人のパーソナリティを分類しているのが動物占いの特徴です。
そんな動物占いのベースとなる心理学が個性心理学で、この個性心理学は自分のことを一番よく知っているはずの自分でも知らなかった自分の個性を知ることができ、また、他人にたいしても「こうするとコミュニケーションがとりやすい」というような個性・付き合い方などがわかるそうです。
個性心理学は最近は企業や教育の現場などで活用され、状況に応じた人との関わり方・対応力などへ応用するのに役立つと注目されているようです。