水虫(足の角質を剥がすケア用品のベビーフットを治療に応用する人もいるそうですが、効果のほどは定かではありません)を治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)するためには、カビの一種の白癬菌を殺菌して、体内から白癬菌を取り除くような処置を行う必要があるのです。水虫にかかった場合、一般的には皮膚科に行って治療してもらうのがもっとも良い方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)だと思いますが、皮膚科(最近では、にきびやシミ、シワの除去など、アンチエイジングに力を入れているクリニックも増えていますね)に行った際には飲み薬や塗り薬(クリーム剤、軟膏剤、液剤、ゲル剤、ローション剤、チック剤などがあります)が処方されるはずです。飲み薬と塗り薬(塗布剤とも呼びます。患部に塗ることで症状の改善を図ります)は、その人の水虫(様々な民間療法があり、人によっては効果を実感することもあるようです)の症状によっても処方される薬が異なってきます。例えば、痒みを伴い、指の間がジュクジュクとしているような水虫(様々な民間療法があり、人によっては効果を実感することもあるようです)には、抗ヒスタミン剤が入っているような塗り薬が適していらっしゃるかもしれませんね。また、痒みが強い場合は寝ている間などに無意識のうちに掻きむしってしまい、症状を悪化させてしまうこともあるので、同時に飲み薬を処方される場合もあるかもしれませんね。これは一般的に言う「かゆみ止め」という物で、これも抗ヒスタミン剤などを処方されるケースが一般的です。それでもかゆみが治まらない場合は、市販のスプレータイプの薬をおすすめします。これなら、患部に直接触れることなく、スプレーをするだけで冷却効果や爽快感を味わうことが可能なので、より早く水虫を改善出来るはずです。逆に、足の角質(真皮を外部の刺激から守る、水分を逃がさないようにするといった働きがあります)が硬くなってしまったような水虫には、潤いを保たせるためにクリームタイプの塗り薬を処方される場合もあるそうです。のみぐすりを処方される場合には、「ラミシール」という水虫の原因である真菌の細胞膜を破壊し、殺菌するような治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)薬を一般的に処方されるであると言われています。治療を継続的に少し良くなったかな?というところで薬を止めてしまうと再発する恐れがあるので、最後までしっかり薬を飲み継続する事が早く水虫を治療するポイントですー